水面下での対策

水面下での対策

なんども同じ人にキャンセルされる事でおそらく美容室側はそのお客さんの困った行動をスタッフ全員で把握することになるでしょう。いわゆる「ブラックなお客さん」として認識されるようになります。その人から予約が入った場合お店側は全員で「キャンセルされるかもしれない」と言う意識を持つことになるでしょう。そしてそれがあまりにも続くようであれば、何らかの対策を講じることになります。それはそのお客さんに対するペナルティーを科すことです。ですが美容室も客商売です。あからさまにお客さんに対して嫌な顔をする事は難しいでしょう。ですからまずは美容室の内部だけで対策を講じるようです。おそらく美容室側にそういったお客さんに対する対策方法がルール化されていて、何回ドタキャンしたらこのようにする、といった感じになっているのだと思われます。そうしておかないと同じお客さんが同じ行為を繰り返すのを許していては、お店は損失を被る一方です。ましてやそのお客さんが「あの美容室はドタキャンしても大丈夫」と言った情報を周囲に広めてしまうような事があってはこまります。いくらお客さんだから、といっても非常識な行動はやはり迷惑なのだ、と言う事を指し示す必要はありますよね。気を付けないと知らないうちに自分がブラックリスに乗ってしまっている、と言う事もあり得ます。

 

美容室側の損失

 

お客さんが事前にキャンセルしなかった事により美容室が被る損害、というのは一つ予定していた売り上げが上がらなくなる事、そしてもう一つはその人が最初から予約をしていなければ他のお客さんが来ることが出来たかも知れない、という損失です。ですから美容室にとってはこういったことが繰り返させる、というのはかなり頭の痛い事なんですよね。そして多くの場合、こういった直前のキャンセルをしたり、無断で来店しない、と言った行為をするお客さんと言うのは決まっています。そしてそういうお客さんは何度でもこういった事を繰り返す傾向があります。もちろん一度だけそういったキャンセルがあってお客さん自身も平謝りしてくれた、と言うケースも有ります。ですがそういった人は二度としないようにしてくれます。美容室も仕方がなかったのだ、と理解します。ですが平気でドタキャン、無断キャンセルをするお客さんには何度も同じように損失を与えられてしまう事になりかねません。何回かそういった事を許すとお客さんの中でも「別に大丈夫なんだ」と言う意識が生まれてしまう事でしょう。美容室はお客さんが来なければ成り立たない商売ですから、お客さんに対して何かをお断りする、と言う事は滅多にありませんが、これだけ店が損失を被る、というのでは何らかの対策を講じなくてはならなくなります。

 

PICK UP !!

 

菊川で予約がいっぱいの美容院

菊川の美容院

与野本町の美容院でカットしよう

与野本町の美容院

美容院なら与野本町にあるここに

与野本町にある美容院