白髪染めをしている場合

白髪染めをしている場合

白髪染めをしている人であれば、カラーリングをしている人よりも生え際の白髪が気になることでしょう。ですから一度白髪染めをしてしまうと、どうしてもその後はこまめに染直す事になりそうです。その時にも生えてきた部分だけを染めるリタッチなどで対処する人が多いようですね。生え際だけは自分で染毛剤を購入して染めている、という人も多いようです。確かに気になるからと言ってそんなに頻繁に美容室へ行く事は、実質的には不可能な事が多いですからね。一度黒染めにしてしまうとどうしてもその後で生えてくる白髪が気になりますから、黒くは染めないで白髪を生かしたような染め方をしておいた方が頻繁に白髪が気になるのを和らげてくれるかもしれません。頻繁に美容室へ行くことが難しい人もいるかもしれませんが、白髪がきになって染めるような年代の人は、わりと時間的にも金銭的にも余裕が出てきている年代であるとも言えます。ですから美容室へ行く事を楽しみにしていたり、美容室で使うお金や時間に関しては惜しまない、という人もいるでしょう。少し気になってきたらすぐに美容室へ行く様にしている、という人も多いかもしれません。いくら歳を重ねたからと言って、特に女性の皆さんはだからこそ綺麗でいたい、という気持ちを持っている事でしょう。

 

カラーリングをしている場合

 

カラーリングをしている場合に一番気になるのは、髪の毛の状態がいわゆる「プリン状態になってしまう」という事でしょう。どんなにキレイに髪を染めていても伸びてくる髪の毛が同じ色位に染まった状態で生えてくるわけではありません。どうしても地毛の色で生えてくるわけですから実は日に日にプリン状態は進行している事になります。ですからカラーリングをしてからどのぐらいの期間放置されているのか、という事が一目瞭然でわかってしまうわけです。ですからあまりプリン状態が目立たなくなるまでの所で、一度美容室へ行くのが普通でしょう。当然プリン状態を解消しようとすればまたカラーリングをする事になると思うのですが、それにはまた料金がかかります。常にきれいにしていようとするならば、かなり短いサイクルで染める事になります。それは料金ばかりか髪の毛のダメージを考えてもあまり良い事ではありません。ですから多くの人はリタッチと言う方法でケアしているようですね。中には次に美容室へ行くまでには自分で染めてなんとか誤魔化している、という人もいるようです。ですがプリン状態が目立つようになるぐらいの期間が過ぎたのであれば毛先のケアもかねて美容室へ行く方が良いかもしれませんね。

 

AWARD SALON

 

お客様の笑顔を創れる悦びを大事にしております

立川にある美容室

カラーだけなのに、髪に必要な栄養を蓄え艶のある髪へ

川口にある美容室

毎日鏡を見るのが楽しくなっちゃう!

新宿にある美容院