紙面の節約は逆効果

紙面の節約は逆効果

美容師を募集する時に求人情報として必要な事は色々あります。最低限応募資格と採用条件は必要だと思われますが、よく求人情報誌などでみかける文言としては、簡単に店名や連絡先などが記されていてあとは「委細面談」と書かれている事もあります。「まずはご連絡ください」という一言で済まされている事も有ります。これらの簡単な紙面の少ない募集内容と言うのは、新聞の求人欄だったり、求人情報誌などで良く見かけます。こういった簡単な文言で済ませるのは、美容室側にとっては掲載費を節約する為なのだと思います。確かに掲載費と言うのはバカにならないようですし、節約できるものならば節約したいところでしょう。ですがこの求人情報は果たして職場としての美容室を探している美容師にとって魅力的な内容でしょうか。確かに電話をしてみればすべてわかることかもしれませんが、そもそもそういった紙面を削っている段階で、なんらかの節約をしなくては経営が成り立たない美容室なのか?という想像が働いてしまいます。十分な紙面が使われていて魅力的な文言が並んでいる美容室の方がやはり働く気を起こさせるものではないでしょうか。だからといって細かい条件がくどくど書かれているのも読む気が失せてしまうかもしれませんから、短いフレーズで応募者のこころを掴むようなものが良いですよね。

 

競争率を挙げる求人

 

美容師を募集するのに出来るだけ経費を掛けたくない、という経営者の想いは理解できます。ですがその場では確かに経費はかからないかもしれませんが、経費を掛けないと言う考え方には長い目で見た時にはリスクも有るんですね。それは求人に関して言えば、経費を掛けなかったばっかりにその求人が思う様に人々に届かない、と言う事が考えられます。ハローワークなら誰でも知っているだろう、ハローワークなら経費もそんなに掛からない、という思いから、ひたすらハローワークにこだわって求人を出し続けたとしても、実際に美容師を目指す、美容師として働きたい、と言う人たちが求人情報を得る手段はハローワークが一番ではない事が多いんですね。美容師として働く先を求めている人の多くは、20代、30代です。そう言った人たちの情報を得るいちばんの手段はネットです。求人に関して言うならばまだ求人情報誌の方が有効でしょう。少しでも経費をかけて求人情報誌に掲載する方が、何倍もの応募がある、と言う事も考えられます。そして応募者の競争率難ければ高いほど、良い人材に巡り合える可能性が高い、と言う事を忘れてはならないでしょう。結果的に求人の時に経費が掛かったとしても、良い美容師を採用で着ればその美容師がその何倍もの利益をその美容室にもたらす可能性もありますよね。

 

オススメのサイトをチェック

 

清澄白河で美容院に行くなら

清澄白河の美容院

カットの上手い門前仲町の美容院

門前仲町の美容院

シェービングに自信がある床屋

鶴瀬の床屋