リンス、コンディショナー、トリートメント

リンス、コンディショナー、トリートメント

おそらく自宅のケアでシャンプーの後で使用するもの中で迷うには、リンス、コンディショナー、トリートメントと呼ばれている三者だと思われます。そのなかでリンス、というのはあまり見かけなくなった製品ですよね。三者を比較してみるとその定義づけはリンスとトリートメントの中間どころの働きをするのがコンディショナーと言う事になっていて、そのためリンスはコンディショナーに吸収されてその存在が薄れてきた、という事が言えるのかもしれません。これらのヘアケア剤の働きはシャンプーが髪の毛の汚れを落とす働きをする事に足して言えば、髪の毛のコンディションを整えるために役立つもの、と言えるでしょう。その中でも美容室でよくつかわれるトリートメントは、髪の毛の内部にまで浸透して栄養を届けてくれる働きをするものだ、と言えます。簡単に言えば髪の毛全体を健康に近づける栄養剤の様なものです。私達が栄養ドリンクを引用するのと同じ感じですね。それと比較して言えばリンスは髪の毛の表面にのみ働きかけて手触りや見た目の通夜を浴する働きの方が主なものです。内部には届かないけれども表面をコーティングして傷んでいる個所を補修して見た目を良くする、という働きです。ですから髪の毛が健康的になるのとは別なんですね。そしてそのどちらの働きも備えているのがコンディショナーなんですね。

 

美容室におけるケア

 

リンスは表面を、トリートメントは内部を、コンディショナーはそのどちらも、となると、結局コンデイョナーを使うのが一番良いのではないか?と思うかもしれませんが、実際には美容室で使用しているのはほとんどがトリートメントです。これはプロとしては表面だけをキレイにするのではなく、トリートメントで内部から髪の毛の美しさを引き出したい、という目的があるのかもしれません。また美容室がトリートメントでヘアケアをする事には、美容室で使用しているシャンプーとの兼ね合いもある様です。市販のシャンプーとは違って美容室で使用されているシャンプーの多くは髪の毛に対して優しいものが使われています。市販のシャンプーは洗浄力が重視されていて髪の毛の表面の必要なものまで洗い流してしまう危険性があり、それを補修するためにはすかさず表面をケアするリンスやコンディショナーが必要になるんですね。ですが美容室ではそういったシャンプーは使われていない事が多いので、トリートメントで内部から補修する事の方が重視されているのかもしれません。また美容室では髪の毛のプロである美容師が一人一人のお客さんの髪質を見てその人に必要なトリートメントを判断してくれます。美容室にはトリートメントでも数種類が準備されていてその人の状況にあったものを使用する事が多いようです。

 

おすすめサロン

 

川口で是非行ってほしい

川口の美容院

大宮といえばここ

大宮の美容室

城南の美容院はこちら

城南の美容院