何のためのカウンセリングか

何のためのカウンセリングか

カウンセリングが重要、とよく言われますが、それではカウンセリングとは何をする事なのでしょうか?そう聞かれるとお客さんが要望を伝えて、美容師がそれに応える、と返って来そうですが、それでは仕上りに対して満足できるかといえば、そうではない事も有るんですね。美容師は髪の毛のプロです。ですが残念ながらお客さんは美容師と同じレベルの知識や経験でオーダーしてくる事はありません。言い方は悪いですがお客さんは素人です。素人がプロに注文するのですから、当然ながらきちんとその意図を汲み取ってあげなくてはならないのは美容師の方なんですね。たとえばお客さんが「ボリュームが多いので梳いてください」というオーダーをするかもしれません。お客さんは「ボリュームが多い」「梳いてほしい」と言っています。つまり梳いてもらえばボリュームが抑えられる、と思っているんですね。お客さんがなりたいスタイルは「ボリュームを抑えたスタイル」であることは解ります。そしてそれを美容師はかなえてあげなくてはなりません。ですがその手段が髪を梳く事であるかどうかは美容師がきちんと判断しなくてはなりません。お客さんの髪にボリュームがあるのは、髪の毛の量が原因かどうかは美容師が見極めなくてはなりません。梳くことによってよりボリュームが増してしまう髪質やスタイルもあります。美容師はそこを見極めなくてはならないんですね。

 

仕上りのイメージを伝えられているか

 

たとえばお客さんがただ「髪の量を減らしてください」とオーダーしたとします。お客さんのイメージとしたら「髪を梳く」=「ボリュームが抑えられる」となっているかもしれません。ですが実際にはそうとは限りません。髪を梳いたことによって、よりボリュームが出てしまうケースも有ります。そのことをきちんと美容師が見極めて、そのお客さんの髪を梳くことによって、どのような仕上がりになるのか、という事をきちんとイメージしなくてはならないでしょう。そしてそのイメージをきちんとお客さんに伝える事が大切です。そういう仕上がりになっても良いのか、という事を確認するんですね。そこで初めてお客さんは髪を梳けばボリュームが減るとは限らない事を知る訳です。本当に自分がなりたいスタイルはボリュームを抑えたスタイルだ、そのために梳いてもらおうと思ったけれども、梳いてもボリュームが抑えられないのであれば、他のやり方で良からとにかくボリュームを抑えてもらいたい、と言うお客さんの本当の希望がそこで判明するわけです。そこまでのやりとりが出来て初めて意味のあるカウンセリングになった、と言えるでしょう。「梳いてください」「解りました」ではカウンセリングとは言えない、という事ですね。

 

Pickup site !!

 

【Pickup美容院@】横須賀編→
横須賀の美容院
【Pickup美容院A】自由が丘編→
自由が丘の美容院