一度は離れてみる

一度は離れてみる

担当美容師がこれまでの美容室をやめてしまう、という事態はお客さんにとってはとても残念な事でしょう。ですが前向きにとらえてみるのもまたよいのではないでしょうか。もしもその担当美容師とかなりの年月の付き合いであったのであれば、そろそろ馴れ合いになってきた感じだったかもしれません。お客さんにしてみれば何も言わなくても思う様にしてくれるのでとても楽な存在になっていたかもしれません。ですが美容師にとっては、もうそのお客さんが顧客となってくれてから長いのであれば、少々のことは許してくれる都合の良いお客さん、として捉えている可能性も大きいかもしれません。これ以上の年月を担当してもらっていると、いつか嫌になってしまう事もあるかもしれません。実際に長年お願いしていた美容師と合わなくなったけれども、今更担当を変えてほしいとは言いづらい、という気持になっているお客さんも多いものです。もしも担当美容師が「新しい職場となる美容室へも来てほしい」と言ったとしたら、それは嬉しい事だとは思いますが、すぐに行ってみるのではなく、これを機に少しその美容師から離れてみるのも良いかもしれません。同じ美容室で別のスタッフにお願いしてみるのも良いかもしれませんし、全く別の美容室へ行ってみるのも良いかもしれません。

 

付いてきて欲しいと言われたら

 

積極的な美容師なら、自分が現在働いている美容室を去る時に自分の顧客に「ついてきて欲しい」という事を言うかもしれません。お客さんにしてみればその言葉はとても嬉しいものだと思います。だれでも自分が必要としてくれている、と思うのは嬉しい事です。もしも新しい美容室が通える範囲内であれば付いて行きたい、と思う事でしょう。もちろんそれは悪い事ではありませんし、これからもお気に入りの美容師の施術が受けられるのであれば、それが良いかもしれません。ですが安易に付いて行く、という選択をするのも考え物です。それはその新しい職場となる美容室がどの様なところか、という事もきちんと把握してからの方が良いのではないか、と思うからです。たとえばその担当美容師が今の美容室をやめるのは、独立して自分のお店を持つからだったとします。そうすると何が何でも当面通ってくれるお客さんが欲しいわけです。だから一生懸命に自分の顧客に「付いてきて欲しい」というのだと思います。もちろんこれまでのお客さんを大切に思っているから、という事もあるでしょう。ですが新しいくオープンさせる美容室と言うのは、成功して経営が軌道に乗るまでがとても大変で、実際には一年後に閉店に追い込まれているケースの方が多いのです。それぐらい新規オープンする美容室というのは不安定だ、と言えますよね。

 

おすすめ店舗

 

髪質改善トリートメントで憧れのうる艶髪へ

東花園にある美容院

広い駐車場完備!あなたのお爪を大切に

東花園でネイル

料金を極力抑え、営業時間も長めに設定しています

行徳にある理容室