一人の美容師に頼るデメリットは?

一人の美容師に頼るデメリットは?

「担当美容師がいる」というと何となく美容室に通う事になれている様な感じがしてカッコよいですよね。自分自身でも「何かあったらあの美容師さんに相談しよう」と言う風に思う事が出来れば、とても安心していられます。人によってはそのい美容師さんと友だちや兄弟姉妹様な感じで、ヘアスタイル云々以上にその美容師とすごる時間それ自体が楽しみ、と言うお客さんもいるものです。ではどうしても担当美容師、というのは必要なものなのでしょうか?担当美容師がいるがゆえに困ってしまった、と言う経験をする事はないのでしょうか?たとえば良くあるのは「担当美容師がお店を変わってしまった」「辞めてしまった」というように、その美容師と離れざるを得ない状況になるときもありますよね。そんな時には一から別の美容師を探す事になります。また良く言われるのは長く付き合っていて関係が緊張感のないものになってしまった、と言う事ですね。段々と雑に扱われる、他のお客さんの方を優先される、といった事をお客さんの方が感じるようになってしまう状況です。それは互いによい関係の時間が長すぎてしまうと、美容師側に「この人は常連だから大丈夫」という安心感が出てくる事が原因かもしれません。そう感じてしまう時期にはお客さんの方もすでに「今更担当を別の人にする、と言う事は言えない」という感じになってしまう事が多いようです。

 

合わなかった美容師を避ける

 

同じ美容室で一人の美容師とはあまり合わない、と思った時にはできれば今度は違う美容師に担当してもらいたい、と思う事もあるでしょう。ですが残念ながら美容室では気に入っている美容師を指名する事は出来ても、嫌な美容師に対して「あの美容師は辞めてほしい」と言えるシステムはありませんよね。たとえなくてもそういえば別の美容師にしてくれるかもしれませんが、余程の事が無い限り、その様な事を言うのはその美容師に対して失礼だ、と思ってしまいますよね。指名されるのであれば嬉しいかもしれませんが、避けてほしい、と言われるのはどんな人でも気分の良いものではないでしょう。もちろんそれは合う合わないの問題であってその美容師自体に大きな問題がある事はあまりないと思いますが、それでもやはり「あの美容師以外で」と言う事は言いづらいものです。ですから「誰でも良いです」と言うしかないのですが、そこで美容室側に「それなら前回と同じで」と思われてしまうのも困ります。結局その美容室に通い続ける限りはその美容師に当ってしまう可能性が高いにで仕方なくお店を変えることにした、と言う話も良く聞きます。本当は「あの美容師以外で」と言う事も気持ち良く言えたらよいと思うのですが、なかなかそういう風潮にはなりにくいですね。

 

行くならここの美容院

 

奈良で美容院に行くなら⇒
奈良の美容院
池袋で美容院に行くなら⇒
池袋の美容院
目白で美容院に行くなら⇒
目白の美容院