具体的な絵を見せる

具体的な絵を見せる

美容室でオーダーする時に良く言われるのは「具体的な画像などを見せる」と言う事ですよね。そうすれば美容師も解りやすい、同じ絵を見て共有して話が出来るので理解しやすい、といったメリットが挙げられています。それは確かにそうなのだと思うのですが、そうしたとしても「失敗」は起こってしまうものです。なぜかと言えばその示した画像のモデルはお客さんの画像ではないからです。当然と言えば当然なのですが、お客さんの顔にお客さんのなりたいヘアスタイルを施した画像であれば、その通りにカットすればお客さんが満足のいくヘアスているが出来るでしょう。ですが実際にはその画像のモデルはお客さんではなく別人です。時によっては頭の形や顔立ちがまるで違う人の画像を見せるお客さんもいるようです。そうすると、たとえその画像通りのヘアスタイルを作ったとしても、そのお客さんには似合わない可能性が大きいんですね。たとえばお客さん自身は丸顔なのに、面長な人がモデルの画像を持ってくる、とうなると、同じヘアスタイルを作ってもまるで違うイメージになってしまうんですね。そういう時には美容師は「この画像と同じような仕上がりにはならない」と言う事を伝えるべきだと思うんですね。ですがお客さんによってはどうしてもこれで、と言う人もいるかもしれません。美容師の一番悩ましいところではないでしょうか。

 

互いのコミュニケーション力

 

どんなにカット技術が優れている美容師であっても、作ろうとしているヘアスタイルがお客さんの望むスタイルでなかった場合には、結果的にお客さんは満足してくれません。ですから美容師にとってお客さんに満足してもらうためには「そもそものカットの技術」と「お客さんが望んでいるヘアスタイルを正確に理解している」という二つの条件が必要になると思うのです。どちらかが欠けてもお客さんにとっては満足のいくヘアスタイルには仕上がりません。カットの技術に関しては、確かに経験が浅いうちは失敗もするかもしれませんが、経験を重ねていくうちに身についていく事だと思われます。ですが一方の「お客さんが望んでいるヘアスタイルを理解する」と言う事に関しては、これは美容師だけの問題、とは言い切れない事もあります。それは伝える側のお客さんの問題にもなってくると思うのです。言ってしまえば人と人との意思疎通がきちんとできるかどうか、と言う事なんですね。伝える側もきちんと伝える、聞き取る側もきちんと聞き取って納得がいくまで尋ねる、といった双方のコミュニケーション力や、伝えようとする力、聞き取ろうとする力、が必要になってきます。どちらがかけても欠けても上手くはいかない結果となってしまうでしょう。

 

PICKUP SITE !!

 

新小岩の美容室をピックアップ

新小岩にある美容室

カラーが人気の安い小岩美容室

美容室 小岩 カット カラー パーマ トリートメント 人気 安い

メンズカラーが安くて人気の美容院

美容室 小岩 美容院 カラー トリートメント メンズ 安い 人気