画像を見せられたカウンセリング

画像を見せられたカウンセリング

お客さんの中には画像を見せてこの通りにしてほしい、という人もいるでしょう。その方が美容師に対して具体的なイメージを示す事が出来るので、美容師の方も歓迎している、と言われています。ですが画像を示したから、といってお客さんのイメージ通りになるとは限らない、とも言われています。それはお客さんが見つけた画像の顔立ちはお客さんそのものではないからです。お客さんはそのヘアスタイルを自分に当てはめて十分イメージしているでしょうか。このことがヘアスタイルをオーダーする時にはかなり重要になってくると思われます。お客さんにとってなりたいスタイルは画像のスタイルである、とはいえ、その画像のヘアスタイルが自分の顔に当てはまった図と言うのをどれだけ想像できているでしょうか。逆に美容師の方がそういった店では、その画像のスタイルをお客さんニアへメタ時のイメージは上手くできると思われます。そのヘアスタイルが似合うのはどのような顔立ちの人で、そのヘアスタイル作ることができるのは、どのような髪質の人なのか、という事を学んでいるからなんですね。ですから美容師はお客さんから画像を見せられた時点で、ある程度は「これはこのお客さんに似合う」「このお客さんには似合わない」という判断が出来るものだと思われます。

 

どうすれば言われているヘアスタイルが作れるか

 

美容師はお客さんが頼んだ通りのヘアスタイルを作ればよいのだ、というのであれば、それは美容師にとってはとても残念な見解となるのではないでしょうか。お客さんが「この様なヘアスタイルにしてほしい」と言った時、特に画像や動画で示された時には、当然美容師はそのヘアスタイルを頭の中にインプットする事ができます。ですがそのヘアスタイルを作るためのプロセス、というのは簡単ではありません。パーマやカラーが施されている様なヘアスタイルであれば尚更です。画像と同じヘアスタイルを作るには、カットの方法だけでも色々あります。パーマはどんなパーマをどれぐらいの強さであてるか、という事を考えなくてはなりませんし、カラーリングではその色を発色させるためにどのカラー剤をどのように使うか、という事も考えなくてはなりません。つまりお客さんが思っているよりも、オーダーされた通りのヘアスタイルを作る、という事はとても難しい事なんですよね。そして何よりも、お客さんにそのヘアスタイルが本当に似合うのか、髪質などから判断して、それはベストな選択なのか?という事も美容師は考えなくてはなりません。そして場合によっては、お客さんのオーダーを元に、多少のアレンジが必要となるケースもあるんですよね。

 

PICKUP SITE !!

 

能見台の美容院を特集!

能見台の美容院

調布の美容院を特集!

調布の美容院

蒲田の美容院を特集!

蒲田の美容院