美容師からのあいさつ

美容師からのあいさつ

担当美容師がその美容室を退職する時には、黙っていなくなってしまう美容師もいますが、多くの場合は前もって自分が担当しているお客さんには退職する旨を伝えるものです。かなり前から解っているときには、最後になるであろう施術の時に挨拶があるか、それ以前にいつまでの勤務になるか、という事を教えてくれるのではないでしょうか。最初はショックかもしれませんが、前もって教えてもらえばその後の対処の仕方も考える時間があります。その後どうしたらよいか、と考えた時に一つの方法としてはその美容師の新しい勤務先となる美容室に行ってみる、という選択をする事でしょう。ただ美容師のマナーとして美容師自らがお客さんに「新しいお店に来て」とお願いする事はこれまでお世話になった美容室に対して失礼な行為ですし、それを禁止している美容室も有るようです。ですからお客さんから「どこの美容室へ行くのか?」という事を聞かれても中にはその場で応えない美容師もいるようです。ですが着いて行きたい、というそぶりを見せたお客さんに対しては、後から連絡をくれる可能性もありますし、お店の名前ぐらいは教えてくれるかもしれません。ですがあまりにも「着いて行きます!」という素振りをその美容室の中で見せるのは失礼になりますから気を付けが方が良いですね。

 

やめた美容師のうわさ

 

もしも担当美容師がやめた後もその美容室に通い続けていると、運が良ければやめた美容師の情報を得る事が出来るかもしれません。もしも話しても差支えの無いような事であれば、スタッフも普通に話をしてくれるかもしれません。今働いている美容室の情報も解るかもしれません。それによって「そこに行ってみようか」という気持ちが起きるかもしれませんが、すぐにその情報をもとに行ってみるのはちょっと考えた方が良いかもしれません。もしも美容師自身が新しい職場に自分のお客さんを連れて行きたい、という気持ちを持っていたとしたら、おそらくそういう準備をしてから退職したと思うのです。もちろんそれまでお世話になったお店に対して失礼なことはできません。お店の方が自分の顧客を連れて出る事を禁止しているケースもあります。ですがどうしても必要ならば、退職した後からでも何らかのアクションがあったかもしれません。それがもしも全くなかったのであれば、それはこれまでのお客さんに来てもらいたい、という気持ちは持っていないのかもしれません。心機一転頑張りたいのかもしれませんし、全く違ったコンセプトのお店に行ってしまっていて、これまでの客層とは全く違うお店なのかもしれません。顧客だったから、とはいえ、押しかけるのも考えものかもしれません。

 

お手頃プライス!お得サロン

 

口コミで実証される高い技術力

大名にある美容院

今までの髪の手触りが格段に良くなる

吉田にある美容院

ライフスタイルにオシャレを取り入れて♪

新石切にある美容院