失敗後の対策

失敗後の対策

縮毛矯正に使われている薬剤と言うのは、かなり強力なものだと言われています。考えてもみればもともとカールのある髪の毛を強制的にまっすぐにするものなのですから、かなりの力のある薬剤であることは想像できますよね。ですからそんな強力な薬剤の何度も使用する事は、本当は髪の毛にとっても頭皮にとっても負担の大きい事で一度の施術であってもダメージは避けられないものなんですよね。ましてや失敗に終わってしまった時には「もう一度かけなおそう」と安易に考えるのは避けた方が良いと思われます。一度失敗したと感じた時には、まずはその縮毛矯正によって傷んだ髪の毛を修復する方が先だと思います。恐らく失敗した場合にはキレ毛やクセの戻りといった症状が出ている事でしょう。まずはキレ毛が収まる様なケアが先決だと思います。キレ毛が起こる、と言う事は髪の毛がかなりのダメージを受けていることが原因でしょう。同じ美容室へ行くのが不安ならば、そういったケアをしてくれる美容室を探してみるとよいと思います。ダメージケアを丁寧にしてくれる美容室はその他のメニューに関しても信頼できるのではないでしょうか。縮毛矯正に対して詳しい知識や技術を持っている美容師がいる美容室を探してまずは髪の毛のケアから取り組むとよいでしょう。

 

縮毛矯正をする覚悟

 

クセ毛の人にとっては、ストレートヘアと言うのは憧れでしょうし、そのために縮毛矯正をしたい、と言う気持ちがあるのは当然のことだと思います。まるで夢の様な施術だと言っても良いでしょう。そんな気持ちに水を差すような事は言うべきではないかもしれませんが、縮毛矯正にはかなりのリスクが伴う、と言う事も知っておかなくてはならないと思うのです。縮毛矯正をした人の中には、やるんじゃなかった、と後悔するぐらい大変な事になった人もいるようです。最大のデメリットは髪の毛の傷みです。持って生まれた髪質を薬剤で無理や変える訳ですから、いかにその薬剤が強力なものであるかは想像がつくところです。見る人が見れば、縮毛矯正をしている人というのは一目でわかります。それぐらい人工的なストレートに仕上がることもまた人によっては抵抗があるかもしれません。それだけ強い薬剤を使うわけですから、人によっては髪の毛ばかりではなく頭皮にも影響を及ぼす事があります。もともt肌の弱い体質の人はなおさら注意が必要だと思います。縮毛矯正後に酷いキレ毛がおこったとか、髪の毛がゴムの様に伸びた感じになってハリが全くなくなった、などという症状を訴える人もいるようです。縮毛矯正をする前にはそういったデメリットもきちんとリサーチする事が必要でしょう。

 

ピックアップサイト

 

柏でネイルするならここで

柏でネイル

辻堂の美容院に行くなら

辻堂の美容院

宇都宮でカラーをするならここ

宇都宮の美容院